株式会社 大盛工業|下水道工事、利回り物件の販売、太陽光パネルの活用など

株式会社大盛工業

プライバシーポリシー

               

 

TEL:03-6262-9877

大盛工業とは

事業内容

 

 

Home事業内容土木事業

土木事業

上・下水道工事

高度経済成長の中で忘れ去られた東京の河川。痛々しく汚された川を前に、私たち大盛工業は、下水道事業を通して美しく衛生的な大都会の発展を支えようと誕生しました。以来、東京の発展に歩調をあわせて上・下水道事業に従事した結果、業界屈指といわれる土木工事のノウハウを獲得することができました。
現在、東京での上・下水道は再構築の時を迎えていると言われています。その理由の一つが、設備の老朽化や、都市の発展に対するキャパシティ不足です。大盛工業は、創業当初の環境への思いをそのままに、東京の地下を知り尽くして獲得した先進の技術で、これからの都市の上・下水道事業を支えていきたいと願っています。

路面覆工工事のあらゆる問題を解決するOLY工法

道路を使用しての地下工事は、交通の安全性と円滑性の確保、沿道住民の方々への十分な配慮が不可欠なほか、都市部の地下状況は各種ライフライン(上・下水道・電気・電話・ガス)が輻輳して埋没されていることなどから、その施工はより困難なものとなってきています。しかも、工事に直接携わる担当者は、上記の諸条件をクリアしながら施工を進める必要があるため、精神的に多大なプレッシャーを受けることとなり、こうした問題の根本的な解消をめざして、在来工法の見直しを行いました。

その結果、誕生したのが「OLY工法」です。「簡単できれいな施工」「高い安全性」「作業効率・経済性の向上」など、その他にも多彩なメリットを容易に実現するOLY工法。まさに、「コロンブスの卵」的な逆転の発想と情熱が生んだ、地下工事の新工法です。

OLY工法OLY工法OLY工法

OLYの技術について

ピカルス工法(パイプ・イン・パイプ工法)

ピカルス工法とは、バッテリー機関車及び管運搬接続台車を利用し、起伏のある既設管の中に、安全に短期間で新設の配管ができる画期的な工法です。当社はこの技術を開発し、特許を取得しております。

パイプインパイプ

パイプインパイプ

傾斜部の走行

傾斜部の走行

バッテリー機関車

バッテリー機関車

こうご期待!

DO-Jet工法(シールド工事・推進工事)

都市の地下は予測できない障害物が多数あります。シールド・推進工事を進めていっても、障害物に行く手を阻まれて工事が中断してしまうことが多々あり、これまでは地上から新たに掘り、その障害物を撤去するしかありませんでした。

しかし、都市の中心地で穴を掘るには道路を通行止めにする必要がありますが、ほとんどの場所では難しく、工事が頓挫してしまっていました。

こういった問題を解決するのがDO-Jet工法です。障害物に当たった場合、まず掘進機により周辺を固めて地山の崩れるのを防いでから、高圧の水流ジェットで障害物を切り取って、そのまま押し進めていく画期的な工法です。

DO-Jet工法に関する詳しい情報はDO-Jet工法研究会のホームページをご確認ください。